遺品整理サービスでお得なことや注意することとは?

ダンボール

遺品整理を早めに行う理由

故人の遺品整理を行うのに決まった期間はありませんが、出来るだけ早めに対応するといいでしょう。なぜなら、遺品整理では、思わぬ遺産が発見することもあるからです。価値のある遺産なら問題ありませんが、稀に借金として遺産が残っている場合もあります。特に借金として遺産がある場合は、相続放棄を行う時期を過ぎてから気づくと、自動的に借金を背負うことになるので注意しましょう。そして、遺産相続は、遺産相続税が発生する前に行うようにしてください。

作業員

遺品整理サービスについて

現代の遺品整理は、プロの遺品整理業者に依頼して行ってもらうことが出来ます。その際に、遺品の整理や故人の部屋の清掃を行う遺品整理サービスを受けることが出来るようです。そのサービスの中には、ハウスクリーニングや遺品の買取・供養などもあります。そして、電気やガスなどの公共料金の解約手続きを行う業者も中にはあり、一軒家の場合は不動産の売買も行ってくれるので便利ですよ。

遺品整理サービスの流れ

花

費用の見積もりと遺品整理の予約

遺品整理業者を選んで、その場所に予約の連絡をします。ほとんどの業者が、見積もりを行ってから予約日を決定するようです。また、見積もりの際は、遺品整理をして欲しいモノとしなくていいモノに分類して見積もり額を出していきます。ちなみに、遺品整理するモノの中に買取可能なモノがあった場合は、その買取金額を見積もり額から引いた金額を支払うことになりますよ。

遺品整理と部屋の掃除

遺品整理を予約した日に業者の方が訪れて、遺品整理を行います。その際、遺品の分類や整理などは行わなくても大丈夫です。プロの業者の方が、遺品整理を行うため、しっかりと捨てるモノ・リサイクル出来るモノ・買取可能なモノなどに分けていきます。その後、遺品があった場所の清掃作業を行います。マンションなどの賃貸の場合は隣近所の方の迷惑が無いように、廊下などの共有場所も清掃するようです。

遺品整理作業の終了報告と費用の支払

全ての作業を終えると、遺品整理の依頼主の確認の後に作業完了の報告が業者から告げられます。その後、見積もり額から、買取出来る遺品の金額を引いて費用を支払います。ただし、見積もりした時に確認した遺品より、数量が増えていたり遺品整理中にエレベーターが使用出来ないなどの不都合が生じた場合は、見積もり額に加算することもあるので気を付けてくださいね。

広告募集中